【全40話以上】クレヨンしんちゃん恐怖のホラー回をまとめて紹介!

 

最近では定番になってきた、クレヨンしんちゃん恐怖のホラー回

 

子ども番組の域を超えたクオリティーの高い話が多くて、放送されるたびネットでも話題になっていますね。(子どもの頃はあまりの怖さに、テレビの電源を切って半泣きした記憶が・・・。)

 

今回は、そんなしんちゃんのホラー回をサクッとご紹介していきます。

有名な『カスカベ都市伝説』や『クレしんホラー劇場』〜ちょっとホラーちっくな回まで載せているので、その数40話以上・・・。

 

個人的に考えた恐怖度も一緒に載せているので、ご覧になるときの参考にしてください(^^)

 

スポンサードリンク

 

こわくて眠れないゾ

こわくて眠れないゾ

1993年放送  57話『こわくて眠れないゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

深夜のホラー番組を見たせいで、寝る前のトイレを諦めてしまったしんのすけ。

夜中に目がさめてトイレに向かうと、中から異様なうめき声が聞こえてくる・・・。

 

▼番組に影響されて本気で怖がるしんちゃんは初期ならでは。

▼ひろしやみさえに頼る姿にもほっこりします^^

 

キャンプで肝だめしだゾ

1994年放送 107話『キャンプで肝だめしだゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

キャンプにやって来たふたば幼稚園。

夜には肝試しを開催し、しんのすけ、風間くん、マサオくん、ボーちゃんの4人は森の奥に設置されたゴールを目指します。

 

▼しんちゃんに振り回されるちょっとかわいそうな風間くんたち。

▼『夏休みキャンプだゾ』の続きになるので、一緒に観るのがオススメです。

 

おばけ屋敷に入るゾ

1994年 111話『おばけ屋敷に入るゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

遊園地に来てた野原一家は、おばけ屋敷へ入ることに。

仕掛けを見破り難なく先へ進むが、おしっこが我慢できなくなってしまったしんのすけ。おばけ屋敷の中で用を足そうとすると、ミイラ男に追いかけられてしまう・・・。

 

病院にお泊まりだゾ

1995年 153話『病院にお泊まりだゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

ひろしとみさえは食あたりで入院することに。一緒について来たしんのすけは仮眠室で眠ることになった。

深夜に目が覚めたしんのすけは一人でトイレに向かうも、病院の薄暗さがどんどん怖くなってしまう・・・。

 

▼食あたりになった経緯は『食あたりはつらいゾ』で。

 

怪談 雪女はおそろしいゾ

1996年放送 195話『怪談 雪女はおそろしいゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

昔々、春日部岳という山のふもとに野原という一家が住んでいた。

母・みさえと息子・しんのすけが共に風呂に入っていると、しんのすけの一息で湯が凍り付いてしまう。

それを見たひろしは「やはりあの女の血を受け継いでいたか・・・。」とつぶやき、しんのすけに真実を語るのでした。

 

▼クレヨンしんちゃんらしいノリとオチ。野原家の複雑な設定のほうが衝撃的です。

 

SF 殺人サイボーグだゾ

クレしんホラー回『SF 殺人サイボーグだゾ』

1997年放送 SPECIAL 16『SF殺人サイボーグだゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

しんのすけを抹殺するため、14年後の未来から1997年の春我部にサイボーグが送り込まれる。

同じく未来からやってきた19歳の風間くんは、野原一家を守るために最強のサイボーグと戦います。

 

▼不気味な顔と動きで追いかける姿は、子どもにはトラウマ・・・。

 

呪いのフランス人形だゾ

1997年放送 241話『クレヨンホラー劇場・呪いのフランス人形だゾ』

恐怖度:★★★★★

 

ひろしが会社の同僚からもらった一体のフランス人形。ひまわりは気に入いるが、みさえはどこか不気味に感じます。

後日、ひろしはその同僚から

「不吉なことばかり起こるから手放したかった。はやく捨てた方がいい」

と言われ、ひまわりからその人形を奪おうとすると・・・。

 

▼クレしん恐怖のホラー回はここからはじまりました。

ちょっとリアルなフランス人形や、物静かで真っ赤にそまった夕暮れ時不安を煽るBGM。いつもと違う演出に心がざわつきます。

 

恐怖の幼稚園だゾ

1997年放送 241話『クレヨンホラー劇場・恐怖の幼稚園だゾ』

恐怖度:★★★★★

 

夏休みも明けて幼稚園に登校した風間くん。そこには、存在しないはずのもう一つの教室があった。

園内は異様に静かで他の生徒や先生の姿はどこにも見当たらない。

風間くんは、その教室の中を調べてみることに・・・。

 

クレしんホラーの中でも恐怖度は飛び抜けてNo. 1!不気味な演出とショッキングな描写は大人が観ても恐ろしい・・・。

 

ユーレイにさそわれちゃったゾ

1997年放送 241話『クレヨンホラー劇場・ユーレイにさそわれちゃったゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

昔々、日の暮れかかった道を急ぐ2人の若者・しんのすけと風間くんがいた。

2人は道中で出会った姫と女中を助けたことで屋敷に招待されるが、風間くんは断り、しんのすけだけが朝まで宴を楽しんだ。

その夜、ぼんやりと浮かんだ提灯がしんのすけの元を訪ねて来くる・・・。

 

▼ギャグ回かとおもいきや、ホラーな展開に・・・。キャラクターが助からないという意味では最も怖いお話かもしれません。

 

父ちゃんの怖い話だゾ

1999年放送 328話『父ちゃんの怖い話たゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

ひろしが考えた作り話をしんのすけとひまわりに聞かせます。

ふたば村に住むひろ作と、道中を荒らす恐ろしい魔物のこわ〜い(?)お話。

 

▼“父ちゃんの”というのがポイント。怖いものは人それぞれですね。

 

本当に怖い 呪いの人形の話だゾ

クレしんホラー回『本当に怖い 呪いの人形の話だゾ』

1999年放送 328話『本当に怖い 呪いの人形の話だゾ

恐怖度:★★★☆☆

 

ゴミ捨て場から拾った呪いの人形・ジャークが、野原一家を根絶やしにするべく動き出す。

 

▼『呪いのフランス人形だゾ』と混同されることも多いですが、こちらはギャグがふんだんに盛り込まれた回。

しんちゃんに翻弄されるジャークの哀れな姿がクスっと笑えます。

 

なな子おねいさんとおばけ屋敷だゾ

1999年放送 328話『なな子おねいさんとおばけ屋敷だゾ

恐怖度:★★★☆☆

 

しんのすけ・ななこお姉さん・しのぶの3人でお化け屋敷に入るも、恐怖のあまりセットを破壊。驚いた係員までも倒してしまう。

順調にゴールへと近づく3人だったが・・・?

 

▼ギャグもありつつ、最後はちょっぴりひんやり。

 

真昼のホラー体験だゾ

真昼のホラー体験だゾ

2000年放送 357話『真昼のホラー体験だゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

マサオくんが家に帰ると、ママがいないことに気づく。

一人で留守番をしていると、時計の針の音や蛇口から水が落ちる音がやけに気になってしまう。

急に恐怖を感じたマサオくんは、しんちゃん達に頼み込んで一緒にいてもらうことにした。

 

▼子供のころに一人で留守番をすると急に家の中が怖く感じることってありましたよね。そんな子供心が描かれています。

 

スポンサードリンク

 

縮みゆくしんのすけ

2000年放送 367話『縮みゆくしんのすけ』

恐怖度:★★★★☆

 

ひまわりの前でビー玉を拾い上げて「小さいから取れないだろ〜!悔しかったら大きくなってみろ〜!」とイジワルしたしんのすけは、昼寝から目覚めると体が米粒サイズに縮んでしまった。

それに気づいたひまわりは、ミニしんのすけへ復讐を開始する・・・。

 

▼ホラーというよりは、スリラーな今回のお話。ひまわりを小さいとバカにした報いです。

 

知らない誰かがいるゾ

2000年放送 367話『知らない誰かがいるゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

しんのすけ、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃん・・・。いつもの5人で遊んでいるはずが、何故か一人増えている・・・?

 

おかしいと疑問に感じながら気づかない5人の姿がとっても異様。

▼過度な脅かし表現はありませんが、じわじわとした恐怖が味わえます。

 

オラとオラの対決だゾ

2000年放送 367話『オラとオラの対決だゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

庭の草むしりをサボるしんのすけと、みさえの言うことをきく良い子のしんのすけ。

鏡の中から出て来たもう一人の自分との対決です。

 

▼ホラー描写は少ないものの、偽物しんちゃんの薄気味悪い笑顔がとても印象的で、「お手伝いをサボってばかりいるとこうなってしまうぞ!」と子どもにトラウマを植え付ける内容でした。

▼不自然な描写(鏡の中)がたびたびあったりと、いまだに謎の多いお話です。

 

トレジャーハンターみさえ

2000年放送 SPECIAL 27『トレジャーハンターみさえ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

七つの海、五つの大陸をまたにかけ、かわいい子どもとダメな夫を連れてお宝を探し求めるトレジャーハンターみさえ。

伝説・園長王の聖なるメガネを求めて洞窟に入った一家は、何十体ものミイラに囲まれてしまう・・・。

 

▼序盤はちょっとホラー、中盤からは映画のようなストーリーとアクションに。有名カンフースターも登場した、スペシャルならではの内容です。

 

クレしんアンバランスゾーン プチ悪魔

2002年放送 455話『クレしんアンバランスゾーン プチ悪魔』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

せっかく作った積み木をひまわりに壊され激怒するしんのすけ。しかしそれを見たみさえとひろしに「弱いものいじめはダメだ!」と叱られてしまう。

ショックで家を飛び出したしんのすけが「みんな嫌いだ!みんないなくなっちゃえー!」と叫ぶと、目の前にプチ悪魔が現れ、貼った相手を何にでも変えられるサイミンシールを渡してきた。

しんのすけはその道具を使って仕返しを開始する・・・。

 

▼ドラえもんで放送されてもおかしくない設定ですね。

▼ストーリーにホラー要素はないものの、“貼った相手を何にでも変えられる”という道具は、使い道を間違えたらと思うと怖いものがあります。

 

クレしんアンバランスゾーン 灼熱魔人

2002年放送 456話『クレしんアンバラスゾーン 灼熱魔人』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

高熱を出してうなされるしんのすけは、夢の中で「灼熱魔人」という怪人に苦しめられる。

 

▼夢の中ということもあり、脈略のないストーリー展開です。しんちゃんの中では“ネネママ=恐ろしい怪人”のイメージ?

 

クレしんアンバランスゾーン オオオのしんのすけ

2002年放送 457話『クレしんアンバランスゾーン オオオのしんのすけ

恐怖度:★☆☆☆☆

 

妖怪ナンバー007、オオオのしんのすけは悪い妖怪たちと戦う正義の妖怪。

今宵も街を荒らす悪い妖怪を、タマタマ親父、妖怪キザ、妖怪おにぎり、妖怪うさぎ娘らと共に退治する。

 

▼ゲゲゲの鬼◯郎のパロディー作品で、目玉のおやじ→タマタマ親父になっていたりとちょっとお下品(笑)

▼Amazonプライムでは、この設定でオリジナルストーリー化された『クレヨンしんちゃん外伝 お・お・お・のしんのすけ』全13話を観ることができますよ。地上波以上のおバカなノリが楽しめます。

 

殴られウサギシリーズ

2003年『殴られウサギの逆襲だゾ』、2003年『ネネちゃんのうさぎがしゃべったゾ』、2006年『なぐられうさぎ たびたびだゾ』、2014年『レジェンドオブなぐられうさぎだゾ』、2015年『なぐられうさぎ<泡>だゾ』、2017年なぐられうさぎ<醒>だゾ

恐怖度:★★★★★

 

「わたしを殴る時と随分態度がちがうのね?」

「こんな性格にしたのは誰なのよ」

ネネちゃん親子に殴られ続けたうさぎのぬいぐるみが怨念を宿して動き出す。

 

平坦な口調ながら威圧的で有無を言わせない態度がおそろしい・・・。

▼「ものを大切に」との意味が込められたストーリーですが、サイコスリラーな内容に泣き出してしまう子供も多かったとか。

▼テレビでも取り上げられるなど大きく話題になり、現在までに計6回放送されている人気シリーズです。

 

しんこちゃんシリーズ

2008年『謎のしんこちゃんだゾ』、2009年『また!しんこちゃんだゾ』、2009年『またまたしんこちゃんだゾ』、2009年『さいごの?しんこちゃんだゾ』、2009年『しんこちゃん たびたびだゾ』、2009年『仲良くして!だゾ』、2010年『しんこちゃんまたまた!だゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

たびたび野原一家の前に姿を現し、いつのまにか姿を消す謎の少女・しんこちゃん。

名前を聞かれれば「ひま・・・・・・な子供です」と応え、しんのすけには「おに・・・ぎり頭」と発言。

家のローンを知っていたり、シロそっくりの仔犬まで飼っているなど、なにやら野原家と関係がありそうにみえますが・・・?

 

▼放送後「かわいい!」と人気になったしんこちゃん。2008年〜2010年の間に7回も放送された人気シリーズです。

 

お留守番がドキドキだゾ ちょっと怖いゾ編

2010年放送 702話『お留守番がドキドキだゾ ちょっと怖いゾ編』

恐怖度:★★★☆☆

 

昼寝から目が覚めたしんのすけは、みさえがいないことに気づいて家中を探し回る。

出かけているんだと思ったその時、お風呂場から聞こえた物音に驚いて覗きにいくと・・・?

 

▼子供のお留守番あるある2回目。

▼ちょっぴりヒヤッとする場面も・・・。

 

こわ~いDVDだゾ

クレヨンしんちゃんホラー回『こわ~いDVDだゾ』

2011年放送 745話『こわ〜いDVDだゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

怪しげなレンタルショップでDVDを借りたミッチーとヨシリン。次の日、虚ろげな目をした2人がひろしにDVDを勧めてきた。

みさえも隣のおばさんから同じDVDを勧められ、「そんなに面白いなら・・・」と2人は観てみることに・・・。

 

▼久しぶりに原作が元になったお話。

▼“いつものひろしやみさえではなくなる”という展開は、ヘンダーランドに似た怖さがあります。子どもはトラウマになるかも。

 

真夏の雪だるまだゾ

2013年放送 807話『真夏の雪だるま』

恐怖度:★★★☆☆

 

めずらしく春日部に雪が降った日。しんのすけは小さな雪だるまを作って「また明日ね〜」と冷凍庫に保存する。

しかし本人はそのことをすっかり忘れて、雪だるまはみさえの買い込んだ冷凍食品に埋もれていく・・・。

季節は変わり夏になったある日、恨みが募った雪だるまはしんのすけに復讐するために動き出す。

 

▼みさえとひろしの顔がまったく映らない演出にソワソワ・・・。

▼しんのすけに殺意を向けるも逆に振り回されてしまう姿は、『本当に怖い 呪いの人形の話だゾ』のジャークと似ています。

 

人面クレヨンだゾ

クレヨンしんちゃんホラー回『人面クレヨンだゾ』

2013年放送 SPECIAL 69『カスカベ都市伝説① 人面クレヨンだゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

拾った相手の意思とは関係なく不吉な絵を描かせ、その絵が現実になってしまうという呪いの人面クレヨン。

マサオくんはふたば幼稚園の園庭でそれを拾ってしまう・・・。

 

▼触らぬ神に祟りなし。怪しい落し物には手を出さない方がいいという教訓です。

 

スポンサードリンク

 

幼稚園の階段だゾ

2013年放送 809話『カスカベ都市伝説② 幼稚園の階段だゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

ふたば幼稚園のお泊まり会最後の夜、しんのすけ達はとある七不思議の噂を耳にする。それは登ったときと落りたときで階段の数が変わるというものだった。

みんなが寝静まったとき、マサオくんは急にトイレに行きたくなり、風間くんらを起こして付き添ってもらう。その帰り、ふと階段が目に入ったみんなは七不思議の真相を調べてみることに・・・。

 

▼怪談と階段をかけたタイトル。

▼七不思議の残りはもしかしたら『恐怖の幼稚園だゾ』と『知らない誰かがいるゾ』・・・?

 

謎のかぐやさんだゾ

2013年放送 810話『オラは見た!カスカベ都市伝説③ 謎のかぐやさんだゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

しんのすけ、風間くん、マサオくん、ボーちゃんはサッカーボールを竹林まで飛ばしてしまう。

探しに向かった4人は、奥地で「月からやって来た」という一人のおばあさんと出会った。

 

▼竹取物語のかぐや姫が月に帰らずにすっかり年を取ってしまった、というifのようなストーリー。

▼一番の衝撃は、かぐやおばあさんを演じられたのが『ウルトラマンA』の南夕子(星光子)だということです。 (南夕子も月星人であり、途中から月へ帰ってしまいました。)

 

ゆれるブランコ少女だゾ

2013年放送 811話『オラは見た!カスカベ都市伝説④ ゆれるブランコ少女ダゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

春日部防衛隊の5人は、住宅街にある物静かな公園をみつける。

しんのすけとボーちゃんがブランコで遊びだすと、羨ましがるマサオくんの元へ一人の少女が、

「子どもにはやっぱりブランコよね・・・」

と話しかけてきた。少女は他の遊びをしようとするみんなの声を無視して、執拗にブランコに乗るよう勧めてくる・・・。

 

▼少女が嫌でもブランコに乗せようとしてくる様は不気味。ですがその背景を考えてみると、ちょっぴり切なくなるお話です。

 

大回転マダムだゾ

2013年放送 812話『オラは見た!カスカベ都市伝説⑤ 大回転マダムだゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

松坂先生は一皿80円というチラシに惹かれて寿司屋に来店。

その安さからてっきり回転寿司かと思っていた先生は「回転寿司じゃないんだ〜」と女店主に語りかけます。

すると店主は怒り狂い「そんなに回転がいいのなら、お前を回してやろうか!!」と自ら大回転を始め、逃げようとする松坂先生を捕えて大回転させてしまう・・・。

 

▼強面と巨体を大回転させながら襲ってくる姿は恐怖そのもの。ですが、野原一家のどこか緊張感のないやりとりがマイルドにしてくれます。

 

ガチャガチャ人間だゾ

クレヨンしんちゃんホラー回『ガチャガチャ人間だゾ』

2014年放送 837話『オラは見た!カスカベ都市伝説 ガチャガチャ人間だゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

ガチャガチャのフィギュアがダブってしまったマサオくんは、「ダブったのはいらない」とゴミ箱に捨ててしまい、自分そっくりの何かから襲われてしまう・・・。

 

▼マサオ地獄。

 

呪いのあみだくじだゾ

2015年放送 876話『呪いのあみだくじだゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

公園で拾ったあみだくじに春日部防衛隊5人の名前を書いたしんのすけ。

しかしそれは『名前の書かれた相手に不幸が訪れる』という呪いのあみだくじでした。

 

不気味な歌と不穏なBGMはちょっとトラウマになりそうですが、しんちゃんのボケや風間くんとのおホモだち演出などギャグも多く、怖い話が苦手な人も楽しめます。

 

恐怖のアプリだゾ

2015年放送 881話『恐怖のアプリだゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

みさえが晩御飯のおかずに悩んでいると、ママ友から「秘書アプリ」を紹介される。

話によると、いつのまにかスマホにインストールされていて、質問するとどんなことにでも答えてくれるという。

その便利さに魅了されたみさえはどんどん秘書アプリにハマってしまい、ついにはしんのすけのおやつからひまわりの泣き止ませ方まで全てを頼るようになってしまう・・・。

 

▼スマホ依存やネットの情報に頼りきる現代社会を皮肉った内容。

▼放送直後はネットでも話題になりました。

 

恐怖のフランス人形だゾ

2017年放送 923話『恐怖のフランス人形だゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

フランス人形と2人きりの留守番に怖がるマサオくん。

そんなときに、しんのすけが勝手に家に上がり込んで人形を動かしてしまう・・・。

 

▼恐怖の人形回はこれで3度目ですが、今回は人形になんの非もありません。

▼『呪いのフランス人形だゾ』のような怖さを求めてしまうとちょっと物足りなく感じます^^;

 

謎の行列だゾ

2017年放送 935話『カスカベ都市伝説シリーズ 謎の行列だゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

しんのすけ、風間くん、マサオくん、ボーちゃんは、ネネちゃんの呼び出しで公園に向かう途中、長い行列を発見する。

最後尾に並んでいた女性4人組に「代わりに並んでいてほしい」と頼まれた4人は、何の列かも知らされずに並んでしまう。

列は少しずつ進んでいくが、女性たちは戻ってこない。

仕方なく列を抜けようとすると、なんらかの力が働いて抜け出すことができなくなってしまった・・・。

 

▼よく知りもしない人の話を信用しない、確かめもせずに列には並ばない、という教訓でした。

 

恐怖のエレベーターだゾ

2017年放送 936話『カスカベ都市伝説シリーズ 恐怖のエレベーターだゾ』

恐怖度:★★★★★

 

帰りの幼稚園バスの中、風間くんはしんのすけと「このあと遊ぼう」と約束して別れる。

しかし自宅マンションに入ると、別れたはずのしんのすけが追い抜いて行った。急いで追いかけて同じエレベーターに乗ると、しんのすけの姿はない。

不審に思いながら自宅のある7階のボタンを押す風間くん。しかし何度乗っても7階にたどり着けなくなってしまう・・・。

 

終始ギャグなし。マンションに住んでいる子どもが観たらエレベーターに乗れなくなってしまうかも。

▼実際にエレベーターには「異世界と繋がっている」いう都市伝説があります。

 

風間くんと離れられないゾ

クレヨンしんちゃんホラー回『風間くんと離れられないゾ』

2018年放送 956話『カスカベ都市伝説シリーズ 風間くんと離れられないゾ』

恐怖度:★☆☆☆☆

 

しんのすけと風間くんは、公園で拾ったボールに手が吸い込まれて抜けなくなってしまう。

何をするにも一緒に行動するしかない2人。このままずっと離れられなくなってしまうのか・・・?

 

▼ナルトとサスケ(最悪の二人三脚)っぽい。

▼2人のおホモだちっぷりがたっぷり描かれたサービス回(?)でした。

 

おともだちができたゾ

クレヨンしんちゃんホラー回『おともだちができたゾ』

2018年放送 970話『夏の都市伝説シリーズ おともだちができたゾ』

恐怖度:★★★☆☆

 

ひろしの会社の保養所を利用して旅行にやって来た野原一家。

山奥にある酷く傷んだその建物に他の利用者はいないはずだが、ひまわりには誰かが見えている・・・?

 

カスカベ都市伝説シリーズとは別に新たなシリーズがスタート!

赤ちゃんは「純粋ゆえに見えやすい」といいますが・・・。

 

行き先のわからないバスだゾ

2018年放送 971話『夏の都市伝説シリーズ第 行き先のわからないバスだゾ』

恐怖度:★★★★☆

 

夏休みなのに家の前には幼稚園バスが停まっていた。

しんのすけがバスに乗り込むと、普段と様子の違う風間くん・ネネちゃん・マサオくん、そしていつもと変わらないボーちゃんの姿があった。

一体バスはどこへ向かっているのか・・・。

 

▼めずらしく被害に会ってしまうボーちゃん。いつも冷静ですが、この時ばかりは怖がります。

 

キョーフ扇風機だゾ

2018年放送 972話『夏の都市伝説シリーズ キョーフ扇風機だゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

しんのすけのことが大好きな、言葉を話す扇風機。

ななこおねいさんが家に遊びにやってくると、嫉妬した扇風機が襲いかかってきた・・・

 

▼扇風機に攻撃されるななこさんがちょっとかわいい(笑)

 

スポンサードリンク

 

モチ売り少女だゾ

2019年放送 986話『モチ売り少女だゾ』

恐怖度:★★☆☆☆

 

野原一家は秘境の無人駅へとやってきた。

長い電車の待ち時間に退屈していると、不思議な少女が現れ「お餅いかがですか?」と勧めてくる。

膨らむ餅を見つめていると、おかしな夢の世界へ誘われてしまった・・・。

 

▼ホラーというほどではないものの、不思議な体験で謎が残る作品です。

 

まとめ

普段コミカルでちょっとお下品な作品だからこそ、ギャップでさらに怖く感じてしまいますよね。

ほとんど謎が明かされないリドルストーリーなので、観た後も考察やら余韻にひたれます。

 

個人的におすすめなのが、『恐怖の幼稚園だゾ』と『恐怖のエレベーターだゾ』。

機会があれば、視聴してみてください〜。

 

今後も放送されるたび、更新していこうと思います(^^)